福岡県小郡市の新築、注文住宅、リフォーム、公共工事は永利建設へ|お客様の思いを形にできる建築会社です

    
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • リフォーム

    S様邸内部改修工事

    S様邸内部改修工事

    S様邸内部改修工事(基山)

     

    今回はリビングとダイニングの間仕切り壁の撤去、壁、床の貼替、
    キッチンの取替工事の依頼を受けました。

               
    撤去前の様子(キッチンは撤去されてました)         
    キッチンダイニング                     
    古いお家なので結構な床や壁の傷みが凄かったです。      

     

     

     

     

     

     

     

    リビング(撤去前)

     

     

    解体の様子
    土壁なので土や竹など大量に出てきます!

     

    今と比べて昔は竹を組んで土を付けてから壁を作っているので、
    とても大変な作業ですね!!

     

     

    あっという間に骨組みが見えてきました!
    床は大引や根引も撤去して新たに設置します。

     

     

    ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

    !!!工事進捗状況です!!!

     

    床の撤去が終わって、新たに束、大引き、根太の設置を行います。

     

     

    床には断熱材を入れてるので夏や冬も快適に過ごせますね♪

     

     

    断熱材設置後、床板を貼っていきます。
    作業中はお施主様(おばあちゃん)が大工さんの仕事をずーっとチェックされてます!!

     

    ちょっと余談ですが…
    床解体の際に面白い物を発見しました。

     

    お施主様に聞いてみたところ、旦那様が建築関係の仕事に携わっていた関係で
    家の簡単な修繕はされてたみたいで…
    『あれは、主人の仕業かな!』と奥様と息子さんは笑っていました!!
    床下では長年ジャッキが支えてくれてたんですね( ´艸`)

     

     

    次回はサッシ取替の様子をお伝えしていきます🎵

    ※来週の水曜日予定です※

    E店舗改修工事

    E店舗改修工事

    E店舗改修工事

    飲食店の客室半分を中古車販売、車の整備が出来る場所の改修工事の依頼をうけました。

    まずは、解体作業から行っていきます。

        

    床や柱や壁が解体されました。
    柱の撤去があるとなんだか心配ですが…構造上問題ないです!

    ビニールシートがかかった所は壁でしたが、車が出入り出来るように壁も解体し
    シャッターが後から設置されます。(設置されるまで仮止めです)

    外観の様子

    シャッターの設置
    シャッターをしまうボックスを室内側に取り付けることにより
    雨に濡れなく錆にくく汚れにくいそうです。

    換気口の穴は左官工事で綺麗に塞いでいきます。

     

    外からの様子

    仕上げにコーキング材を淵に設置します。

    シャッターの部分にもコーキング材を打ち仕上げていきます。
    (一日で乾くそうです)

    室内の細かい部分もコーキング材で綺麗に仕上げていきます。
    (今回は全体的に黒なのでコーキング材も黒を使用しました)

    筋交いを入れて補強をしています。※赤で囲っている色の付いていない木材
    (お店のオーナー様が梁の上に登り補強した梁や筋交いの色を塗ります。)

    こちらが塗り終え後の様子です↓↓↓

    便器を撤去し新たにシャワー室を作ります。

    シャワー室設置完了

    根太を引いて合板を打ち床を作ります。

    水回りなのでフローリングシートを貼り濡れてもさっと拭けてお手入れがしやすいですね。

    シャワー室の隣には収納棚を設置しました。
    (棚の仕切りの調整が出来るので便利です)

    改修前は水色のタイルが貼っある場所に、
    リメイクシートで上からレンガ調のアメリカン風にオーナー様が仕上げました。

     

     

     

     

    新たに『事務所』『休憩室』を作っていきます。
    (もともとお店の個室だった所を活用して改修していきます)

    天井の板を貼る為に下地材を組んでいきます。
    (右下の大きな開口にはエアコンが後から設置されます)

    天井板が貼り終わりました。次は床の作業へ進んでいきます。

    既存のエアコンも新しい位置へ設置完了です。

    室内階段設置(赤部分が設置場所)

    階段の手摺部分が見えてきました。

    踏板、蹴上、ササラ板が組建てて木階段が出来ます。
    後は塗装したら階段は完成です!

    ↓↓↓階段の名所はこちらです↓↓↓

    赤で囲っている部分も解体したままの状態だったので綺麗に仕上げていきます。

    後からオーナー様が黒く塗るそうです!

    事務所、休憩室の壁が貼られ事務所の方は新たに窓が設置されました。
    ここから倉庫での作業様子など見えて便利ですね♪

    内部の様子(事務所側)

    内部(休憩室側)

    こちらには新たに勝手口を設置しました。(赤の部分)

    出入りに高さがあるので外階段を設置します。

    外階段設置完了

     

    元々あったお客様用の鍵付きロッカーは扉を無くし、収納棚として再利用します。
    オレンジのクロスもオーナー様が新しいクロスへ貼替てます!

    倉庫内には室内へ上がる高さを利用して道具や機材などを置けるように扉を付けました。

    完成写真(オーナー様がクロスや家具設置後の様子です)

     

     

     

    カラーボックスを壁に設置して収納棚へ、ホワイトボードも設置

    外観の様子

    工事完了です♪

    H様邸増築工事

    H様邸増築工事

    H様邸 増築工事

    既存の住宅に6畳ほどの洋室を増築しました。
    新築と同様に、増築部分に遣り方を行います。

    基礎工事へ進んで行きます。

     

    今回は既存のサッシ(窓)を増築部分に再利用するので取り外して防水シートを貼ります。
    (窓が頑丈にはめ込まれて中々取れませんでした!!)

     

     

    建て方(柱、屋根などを組み立てていきます)

    今回の屋根はFRP防水を使用します。
    (よく、ベランダやバルコニーなどに使用されています!)

     

     

    今回床には床暖の設置します。

    フローリングの下に設置します↓
    ※床暖にビスを打たないように慎重にフローリングを打っていきます

     

    ♪床暖の紹介です♪

     

    室内の壁や天井に隙間なく断熱材を設置していきます。
    (その後、下地→クロスの作業を行っていきます。)

    外部には防水シート→胴縁→サイディング(外壁)の工程で進めていきます!

    こんな狭い所も職人さん達は頑張って作業しています!!

    室内のクロス、建具枠、収納棚の設置が終わりました。
    後は、床暖のスイッチや照明、収納の扉が設置されたら完成です。

     

    外部はサイディングが貼られ、腰板も貼り既存と同じ様になりました。

    ↑↑デッキも新たに設置しました♪

    増築工事完了です!

     

     

     

     

    N様邸浴室改修工事他

    N様邸浴室改修工事他

    N様邸浴室改修工事他

    今回は浴室改修工事フローリング貼り替えのご依頼を受けました。
    ≪施工前≫↓↓

    浴室の解体工事を行っていきます。

    給水給湯・排水工事、土間基礎工事を行っていきます。

    新しく窓、換気口を取り付けます。

    床・壁・天井・浴槽を組立ててユニットバスを設置します。
    以前のお風呂より少し小さくなりますが十分広さです。
    お施主様からも掃除が前と比べて楽!浴室内が温かい!と喜ばれました♪
    床もタイルと比べたら水はけがよく滑りにくく柔らかい素材なので年配の方でも安心して使用して頂けますね!

    既存のフローリングの上に新しいフローリングを貼ります。
    前回よりも色が明るくなり玄関から脱衣場トイレにかけて全体的に明るくなりました。

    階段が急で危ないとの事なので手摺を設置しました。
    これで安全に上り下りができますね♪

    M様邸浴槽改修工事

    M様邸浴槽改修工事

    M様邸浴槽改修工事

    今回は浴槽改修工事のご依頼を受けました。
    解体工事、給排水工事を行います。

    新しく窓、換気口を取り付けます

    ユニットバス設置工事
    浴室内でユニットバスの組立を行っていきます。

    浴室内には年配の方でも安全な用に床は滑りにくく壁には手摺が設置しています。

    外構工事
    新しくサイディング(外壁)を貼り塗装で綺麗に仕上がっています。

    窓の際から雨などが漏らないようにコーキングで塞いでいます。

    ご施主様から工事中も
    『お風呂入るのが楽しみ♪』『お風呂が快適になりました♪とてもいい!』
    と嬉しいお言葉を頂きました。ご満足して頂けて良かったです。

    I事務所改修工事

    I事務所改修工事

    I事務所改修工事

    今回は既存、新しい所の改築工事を行います。

    ~改修内容~
    倉庫部分を事務所へ ○現事務所内の改修 ○外部(屋根、外壁)の改修

    骨組みは残したまま、新たに屋根に垂木を貼り野地板を貼っていきます。
    野地板の上に防水シートを貼り屋根を施工しました。

    隣の倉庫との間も板金屋さんが綺麗に仕上げてもらいました。

    新しくなる事務所の壁や天井や壁には断熱材を入れています。
    これから寒くなるので快適に仕事ができそうですね♪
    その後、ボード→クロス工程に入ります。

    今回は新築ではないので元々ある梁もあり凹凸があるのでクロス貼りも大変そうですが綺麗に貼っていて、
    クロスの色がほんのりオレンジがかった色なので部屋が暖かい感じに仕上がりました♪

    外構工事↓↓
    元々ある外壁を解体していきます。

    新たに間柱を設置して強度を高めます。
    断熱材→防水シートの順で貼っていきます。

     

    外壁工事(金物止め工法)↓↓
    黄緑の金具はスターターと言ってサイディング(外装版)を受ける為の物です。

    下から順番にサイディング(外装版)を貼ります。

    サイディングの継目には胴縁に金具でしっかり固定しているので
    落ちてくる事はないです。

    後はサイディングやサッシの縁にコーキングを塗ったら外構は完成です。

    既存事務所内改修工事
    天井はそのままで壁とご施主様の要望で見えている梁もクロスで隠して欲しいとの事で工事を進めていきます。

    壁にベニア(構造用合板)を貼っていきます。
    同じく見えている梁も電気の線が沿っているので囲うようにベニアを貼っていきます。

    細かい部分が多いですが綺麗にクロス貼り、
    大きな窓が取り付けられて光がたくさん入ってくるのでとても明るく仕上がりました♪

    事務所出入口改修工事
    出入口に新しく屋根を設置します。
    事務所と屋根を繋げるたにに『きとり』と言う木材を使います。
    後は、同様に垂木、野地板を貼り屋根を施工します。
    これで雨の日も濡れずに出入りができますね!

    樋をかけたら屋根は完成です。

    完成・全景
    正面の窓にはフィルムが貼ってあり外から見えないようになっています。

    既存の窓に雨戸が無かった為、雨戸を付けました。
    雨が強い日、台風の日でも安全ですね。

    工事完了

    N様邸倉庫改修工事

    N様邸倉庫改修工事

    N様邸倉庫改修工事

    今回は倉庫を建替えたいとのご依頼を受けました。

    『地縄張り』
    まず、建物の位置を決める作業を行います。
    この後のすべての工事の基準となるこの作業です。

    『遣り方』
    建物の平面上で位置出しを地縄張りで行いましたので、今度は木の杭を打ち込んで水平面での位置だしを行います。
    建物の隅部となるところにそれぞれ杭を打ちます。
    杭をつなぐように、板を横向きに打ち付けます。
    レベルという機械で確認しながら正確な高さを出していきます。
    出したレベルは基礎工事が終わるまで高さの基準となるので、間違えないように慎重に出します!!

    『基礎工事』
    防湿シートをひき、基礎型枠、配筋、コンクリート打設の作業を行っていきます。

    型枠を解体し、基礎コンクリートの施工完了です。

    基礎の上に基礎パッキン、木の土台を組みボルトでしっかり固定したら土台設置完了です。
    ※土台面には白蟻防止剤を塗っています

    『建て方・上棟』
    一気に骨組みを建てていきます。建物自体大きくないので手作業で梁などを設置していきます。材木は重い物もあるので安全かつ手際よく作業を行います。

    各所を金物で固定していきます。

    シートを貼り、外壁(サイディング)作業を行っていきます。

    窓を設置して、光の取り込みや換気が出来るにしました。

    『折板屋根』を設置します。
    野地板なしでそのまま梁の上に施行することができます。
    鋼板をギザギザに折り曲げることにより屋根材そのものの強度が増して、大きな屋根・長い屋根をつくることなどができます。

    折板屋根は主に...
    体育館、工場、倉庫、駐車場、駐輪場などで見かけると思います!

    樋もかけて屋根は完成です。

    室内にはご施主様の要望で道具などを置く棚を作って欲しいとのことなので
    大工さんお手製の棚、スノコが出来上がりました。

    こちらはスコップやほうきなどが掛けられるように設置しました。
    ご施主様からとても喜ばれました♪

    シャッターも設置完了

    工事完了です。立派な倉庫が完成しました!

    N様邸住宅内部改修工事

    N様邸住宅内部改修工事

    N様邸住宅内部改修工事

    小郡(N様邸)の和室(10畳)からフローリングにリフォームをさせていただきました。

    畳の撤去

    元々ある根太に新たに根太を設置し高さを調節していきます。

    根太の上に構造用合板を貼っていきます。

    フローリングを貼ったら完成です。フローリングに替えて部屋が明るくなりました。
    若夫婦の部屋になるそうで新たに家族が増え綺麗な部屋で迎えられそうですね♪

    A様邸増築工事

    A様邸増築工事

    A様邸増築工事

    既存の住宅に6畳ほどの洋室を増築しました。

    新築と同じように、増築部分に遣り方(図面に従って建物廻りに杭や板を張り、基礎工事の基準にします)をします。

    増築の場合は、既存の壁を撤去しながら、新しい建物を建てていくことになります。

    奥の窓が既存の窓でしたが、扉に替え、既存の家と増築部分の出入口になります。

    既存の壁も一部張り替えます。

    既存の家と増築部分との取り合いもしっかり納まっていますね☺

    あとは、左官屋さんが犬走りを仕上げて完成です♪

    S様事務所増築工事

    S様事務所増築工事

    増改築 (三国が丘)S様事務所

    事務所の増改築をさせていただいております。

    写真は、左側の足場がかかっている建物が増築部分で
    右側の平屋の部分が既存の事務所です。既存の事務所も改築しています。

    増築部分に出入りできる扉ができたので、
    既存の事務所の勝手口を塞いで壁に変更します。

    扉を取り外し、扉の古い木枠を取り除きます。

    新しく木枠を設置し、壁の基礎部分を大工さんが設置している様子です。

    室内用のボードを設置して、後は外壁を設置したら
    扉だった部分が、壁に変更されます。

    大工さん1名と見習大工さん1名で、1時間弱で終了しました。

    写真左の2階建ての部分は、もともとの地形を利用して、

    2階に出入口を直接つくり、1階、2階それぞれ独立した部屋になっています。

    防犯性がUPされますね!

    お客様の要望にお応えしたかたちです。(*^_^*)  

    2階の出入口にオーダーの階段を設置しました。

    出入りの多い個所なので、広めの階段を設置しています。

    出入口にひさしがあったら、雨の日は本当に助かりますよね(*^_^*)

    手摺を付けて完成です。

    手摺は転倒防止のためにも欠かせないアイテムです。

    T様邸屋根修繕工事

    T様邸屋根修繕工事

    T様邸屋根修繕工事

    屋根の谷のリフォーム。(小郡市住宅リフォーム券使用)

    こちらの写真は、屋根の谷の部分です。


    よく見ると銅板に穴が開いているのがわかります。

    一昔前までは、銅板が一番丈夫な素材で雨にも強いとされて
    屋根の谷の部分に使用されていましたが、酸性雨の影響によって、
    年月が経つと銅板に穴が開くようになります。

    これが雨漏りの一因になります

    現在では屋根の谷の部分に使用する素材として、

     『ガルバニウム鋼板』 という素材のものが使われています。

    安くて・軽くて・丈夫 というのが特徴とのことです。

    もちろん、施工の際にはルーフィングはしっかり貼り替えます。

    雨漏りが気になる!という方は、屋根の谷の部分の点検をオススメします。

    T様邸屋根修繕工事

    T様邸屋根修繕工事

    T様邸屋根修繕工事(小郡)
    瓦の葺き替え工事をさせていただいております。

    瓦の『葺き替え』とは、もともとあった瓦を撤去してルーフィング、
    野地板ともに新しいものに取り替える工事です。

    ちなみに、葺き直し既存の瓦を再利用して、悪い個所を修繕して
    歪みやずれを補正する工事のことです。

    写真は古い瓦を撤去しているところです。

    瓦を撤去後、古いルーフングと野地板まで撤去します。
           👇             

    新しい野地板を設置し、次にルーフィングを設置しているところです。

    ルーフィングとは、防水シートのことです。雨から家を守ってくれる優れものです

    ルーフィング作業まで終われば雨はしのげるので1日目の作業はここまでです。
    先日ルーフィングまで終わっていたので、瓦葺きが始まります。

    写真は瓦を屋根に上げて、瓦を葺く準備段階の様子です。
    屋根の上の作業ですので、材料を屋根に上げる作業はリフトを使います。
    とっても活躍してくれる職人道具の一つです。

          👇
    今週は天気が良かったので作業がスムーズに進み、5日ほどで葺き替え完了です。

    今回使用した瓦は、スーパーセラキュー(新銀色)
    陶器製の平板瓦で、耐震、耐風機能が付いた安心の瓦です。

    日本瓦みたいに曲線はないのですが、表面に三角形の凸部があるので、
    雨水を分散させて雨樋に運ぶ仕組みになっています

    見た目がシンプルできれいです✨

    瓦葺き替えリフォームの参考にされてください☺

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ


  •