福岡県小郡市の新築、注文住宅、リフォーム、公共工事は永利建設へ|お客様の思いを形にできる建築会社です

    

人工大理石ワークトップの黄ばみが取れない!

 

ワークトップとは、システムキッチンのコンロ台や調理台の上に取り付けられた天板のこと。
ワークトップはキッチンの天板カウンタートップと呼ばれることもあります。

 

人工大理石も最近はかなり汚れが染み込みにくく進化してきましたが、
やはりカレーなど色素の濃いものを放置すると汚れが沈着してしまいます。
できるだけ付かないようにしたいところですが…

 

※イメージ図

みなさんのお宅のキッチンはどんな風になっていますか?

 

取れない黄ばみが付いてしまったら!!
最後の手段として塩素系漂白剤を使ってみてください。
黄ばみの部分にペーパータオルを置いて吹き付けて上からラップして2時間を目安に湿布します。
最後に水拭き・カラ拭きで仕上げてください!

 

こちらはクリナップさんからのご紹介!
取扱い説明・お手入れ動画のQRコードで見ることが出来ます!

 

ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

スマートフォンのカメラ機能で簡単に読み込むことが出来ますよ!

 

 

※人工大理石の他にも、セラミックステンレスなどのお手入れ方法があるので参考にしてみてはいかがでしょうか!!

 

自粛中期間お家を綺麗にしてはいかがでしょうか♪

体育館内部改造他工事(学校)

 

今回は県発注の体育館内部改造他工事を受けました。

 

足場設置

外壁の塗装を一度高圧洗浄で塗装を剥がす作業を行い、

外壁にあるひび割れ等のチェックを行います。

   

 

 

チェックの様子

 

~仮設図書室改修工事~

赤で囲っている部分の工事の様子をお伝えしていきます。
(元は各教室になっています)

 

改修前の写真

 

解体の様子
黒板や教壇等の解体

 

 

 

ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

 

!!!進捗状況!!!

 

予告で、体育館の様子をお伝えする予定でしたが…
今回は柱の補強様子をお伝えします!!!

 

外壁の部分で前回、高圧洗浄で塗装を剥がしひび割れ等写真(上の写真)

※赤で囲っている部分(下の写真)
黄色の範囲に青色の点が複数これは柱に補強材を入れています。

 

拡大の写真(モルタル浮き改修)
躯体と仕上材(モルタル)が浮いてるため、アンカーピンニング全面注入し補強します。

 

 

次回は体育館内部の様子もお伝えしていきたいと思います。
※来週の水曜日予定

S様邸内部改修工事(基山)

 

今回はリビングとダイニングの間仕切り壁の撤去、壁、床の貼替、
キッチンの取替工事の依頼を受けました。

           
撤去前の様子(キッチンは撤去されてました)         
キッチンダイニング                     
古いお家なので結構な床や壁の傷みが凄かったです。      

 

 

 

 

 

 

 

リビング(撤去前)

 

 

解体の様子
土壁なので土や竹など大量に出てきます!

 

今と比べて昔は竹を組んで土を付けてから壁を作っているので、
とても大変な作業ですね!!

 

 

あっという間に骨組みが見えてきました!
床は大引や根引も撤去して新たに設置します。

 

 

ーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

!!!工事進捗状況です!!!

 

床の撤去が終わって、新たに束、大引き、根太の設置を行います。

 

 

床には断熱材を入れてるので夏や冬も快適に過ごせますね♪

 

 

断熱材設置後、床板を貼っていきます。
作業中はお施主様(おばあちゃん)が大工さんの仕事をずーっとチェックされてます!!

 

ちょっと余談ですが…
床解体の際に面白い物を発見しました。

 

お施主様に聞いてみたところ、旦那様が建築関係の仕事に携わっていた関係で
家の簡単な修繕はされてたみたいで…
『あれは、主人の仕業かな!』と奥様と息子さんは笑っていました!!
床下では長年ジャッキが支えてくれてたんですね( ´艸`)

 

 

次回はサッシ取替の様子をお伝えしていきます🎵

※来週の水曜日予定です※

日頃より、株式会社永利建設ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

この度、ホームページを全面リニューアルいたしました。

 

今回のリニューアルでは、ご利用いただく皆様により見やすく、
      分かりやすく情報をお伝えできるホームページとなるよう改善いたしました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

E店舗改修工事

飲食店の客室半分を中古車販売、車の整備が出来る場所の改修工事の依頼をうけました。

まずは、解体作業から行っていきます。

    

床や柱や壁が解体されました。
柱の撤去があるとなんだか心配ですが…構造上問題ないです!

ビニールシートがかかった所は壁でしたが、車が出入り出来るように壁も解体し
シャッターが後から設置されます。(設置されるまで仮止めです)

外観の様子

シャッターの設置
シャッターをしまうボックスを室内側に取り付けることにより
雨に濡れなく錆にくく汚れにくいそうです。

換気口の穴は左官工事で綺麗に塞いでいきます。

 

外からの様子

仕上げにコーキング材を淵に設置します。

シャッターの部分にもコーキング材を打ち仕上げていきます。
(一日で乾くそうです)

室内の細かい部分もコーキング材で綺麗に仕上げていきます。
(今回は全体的に黒なのでコーキング材も黒を使用しました)

筋交いを入れて補強をしています。※赤で囲っている色の付いていない木材
(お店のオーナー様が梁の上に登り補強した梁や筋交いの色を塗ります。)

こちらが塗り終え後の様子です↓↓↓

便器を撤去し新たにシャワー室を作ります。

シャワー室設置完了

根太を引いて合板を打ち床を作ります。

水回りなのでフローリングシートを貼り濡れてもさっと拭けてお手入れがしやすいですね。

シャワー室の隣には収納棚を設置しました。
(棚の仕切りの調整が出来るので便利です)

改修前は水色のタイルが貼っある場所に、
リメイクシートで上からレンガ調のアメリカン風にオーナー様が仕上げました。

 

 

 

 

新たに『事務所』『休憩室』を作っていきます。
(もともとお店の個室だった所を活用して改修していきます)

天井の板を貼る為に下地材を組んでいきます。
(右下の大きな開口にはエアコンが後から設置されます)

天井板が貼り終わりました。次は床の作業へ進んでいきます。

既存のエアコンも新しい位置へ設置完了です。

室内階段設置(赤部分が設置場所)

階段の手摺部分が見えてきました。

踏板、蹴上、ササラ板が組建てて木階段が出来ます。
後は塗装したら階段は完成です!

↓↓↓階段の名所はこちらです↓↓↓

赤で囲っている部分も解体したままの状態だったので綺麗に仕上げていきます。

後からオーナー様が黒く塗るそうです!

事務所、休憩室の壁が貼られ事務所の方は新たに窓が設置されました。
ここから倉庫での作業様子など見えて便利ですね♪

内部の様子(事務所側)

内部(休憩室側)

こちらには新たに勝手口を設置しました。(赤の部分)

出入りに高さがあるので外階段を設置します。

外階段設置完了

 

元々あったお客様用の鍵付きロッカーは扉を無くし、収納棚として再利用します。
オレンジのクロスもオーナー様が新しいクロスへ貼替てます!

倉庫内には室内へ上がる高さを利用して道具や機材などを置けるように扉を付けました。

完成写真(オーナー様がクロスや家具設置後の様子です)

 

 

 

カラーボックスを壁に設置して収納棚へ、ホワイトボードも設置

外観の様子

工事完了です♪

格納庫新築工事

格納庫の立てるまでの様子をお伝えしてきたいと思います。

地縄張り、建物の位置を確認して建物の水平や位置の基準
基礎構築のための根切(土を掘り起す)を行い、捨てコンクリートを打設する。

型枠・コンクリート工事に入っていきます。(基礎工事の様子です)

建方(鉄骨)の様子です。
クレーンを使って大きな鉄骨を組立ていきます。

安全に作業を行う為に中に落下格子の網も張られています。

足場も頑丈にかかりました。

窓枠、庇部分にある破風が取付けられました。

『外構工事』
同時進行に道路に繋がる橋の工事も進めいきます。(赤の部分)

水路の部分も綺麗にコンクリート舗装していきます。

内部の工事様子(軽量鉄骨による間仕切りの模様)

室内天井に軽量鉄骨による下地を設置、同様に配線関係、エアコンの設置も進めて行います。

屋根設置(屋根材はガルバリウム鋼板による縦ハゼ葺きによる工法)

外装工事
外壁(金属施工及びサイディング)破風、軒天の塗装が進められています。

部屋内の様子
壁、天井にクロス仕上げ、収納扉が設置されました。最後に畳が入ります。

室内 畳の設置

室内(休憩室)に流し台設置します。

倉庫内の様子
物を掛けられる用にフック、棚が設置されました。

倉庫内には造作家具の搬入取付が行われました。

鉄骨階段(倉庫から室内への階段)

手洗い場、トイレの設置(倉庫内)

外構の足場も取れて完成に近づいていきました。

敷地内アスファルト工事も終わりました。
建物の周りにもフェンスが設置されました。

道路と繋がる橋にもアスファルト工事の完了です。(こちらにもフェンス設置完了)

看板、半鐘など設置され完成しました。
『半鐘』と言って…
昔は火災が起こった際、近隣の住民や火消しに知らせるため
警鐘に打ち鳴らされてたそうです!(時代を感じますね~)

 

ーーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー
IHのトッププレートの焦げ付きを落とした!
ーーーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー

 

IHクッキングヒーターのトッププレートは、お手入れしやすいことで人気ですが・・・

 

それでも煮こぼれなどの焦げ付きを放置してしまうと、
なかなか手強い汚れになってしまうことも!!

 

※我が家もこんな感じだわ!!!?

 

そんなときは、ラップクリームクレンザーをお使いください。
クリームクレンザーを汚れた部分に垂らして、上からラップしてしばらく置きます。
ラップをすることでこびりつきが緩んで落としやすくなります。
時間を置いたら、そのままラップでこすります。そうすることで研磨剤の効果を充分に発揮させれます。
最後に必ず洗剤成分が残らなよう、水拭き・カラ拭きでしあげましょう!

 

 

こちらはクリナップさんからのご紹介!

取扱い説明・お手入れ動画のQRコードで見ることが出来ます!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

スマートフォン📱の

カメラ機能で簡単に読み込むことが出来ますよ!

 

是非、試してみてはいかがでしょうか!

S様邸住宅新築工事(福岡市)

今回は新築二階建ての依頼を受けました。

↑↑今回は設計士さんがプラン作成(こちらは初期の図面)しており、手書きのイメージ図と

実際の出来た内部や外観の様子をお伝えしてきたいと思います!

まずは敷地の整地→遣り方→基礎工事を進めていきます。

隣には立派な蔵があります。とても敷地が広いですね~!

床となる基礎部分に鉄骨を組み立てその後、             

型枠を設置したら底盤部分にコンクリートを打設していきます。

コンクリートの打設前にJIOの検査を行い

合格が出たら打設の作業に入っていきます。

コンクリート打設の様子↓↓

底盤が終わったら立上りの型枠をしっかり固定します。

立上り部分にコンクリートを流して行きます。

立上りの型枠を外し基礎の完成です。

いよいよ建て方に入っていきます!
数人の大工さんが集まって柱や梁などを組み合わせて家の骨組みが出来ます!

どんどん家の形になってきました!

建て方が完了した後、屋根下地工事を先行で、
床下地、壁下地と木工事が続きます。    

建物全体の写真↓↓

JIOの躯体検査
間柱や筋交い、火打ちなどそれぞれに躯体金具が取付ているか確認をしています。
(とても重要なので一つ一つ丁寧に指摘された場合はその場で修正していきます)

シロアリ駆除の様子です。(オレンジの部分)

『リビングダイニングの様子』
各部屋にボード→巾木や廻り縁→建具枠が取付られました。

『一階 廊下、ホール』

今回は天井が高くなっているためとても広々とした空間になっております!

『玄関から階段の天井』

『二階 各部屋』

『二階のバルコニー』
奥行がありたくさん洗濯物が干せそうですね♪

『一階 和室』
目透かし天井が綺麗に貼られていますね♪

『ユニットバス』

『キッチン』が設置される前の様子

キッチンの設置様子

設置完了

こちらは二階の洋室です。               
↓↓設計士さんのスケッチ図と実際出来上がった写真になります!

各部屋には広いクローゼットも設置されました。

クローゼットの中は               
自由に動かせる棚も設置されてとても便利ですね♪

関・ホールのイメージ図です↓

実際に出来た様子はこちらです↓
造作家具で製作したシューズボックスもとても大きく  

たくさんの靴やコートなどが収納できてとても便利ですね♪

階段のイメージ図です↓

実際の階段の様子です↓

二階からの様子↓

階段裏の様子↓

『和室』

――・――・―― イメージ図 ――・――・――
打ち合わせしなが変更箇所を赤でチェックしているところです。

襖、障子、畳も設置されました。 

とても落ち着いた感じになりました♪

『ダイニングルーム』

――・――・―― イメージ図 ――・――・――

『洗面室』

――・――・―― イメージ図 ――・――・――

『各階トイレ』

――・――・―― イメージ図 ――・――・――

外観イメージ図です↓

案図①

案図②

実際の外観様子

足場も解体され、雨戸やスロープも設置されました。         
正面はワンポイントで玄関上の外装だけを変えてオシャレになっています♪

今回玄関に鎖樋が設置されました。                  
日本家屋の軒先につるして利用する鎖状の雨樋です。

外構も終わりいよいよ完成引き渡しになります!!

 

 

 

~築〇〇年の古い浴室編~

疲れがとれない、リフレッシュできない!

※イメージ画像になります

タイルのカビや黒ずみ!
ホーローの浴槽表面が所々剥げてきた!

床が滑って危ない!
冬場になると寒い!!

 

と言ったお客様もいらっしゃるかと思います!!

 

※イメージ画像になります

  

 

室内まるごと暖かい!
水はけがよく床が滑りにくく小さいお子様から年配の方まで安心!
好きなデザインを選べる!掃除が楽に出来る!

 

 

弊社では水まわり工房としてお客様に似合った
商品、品質の高いものを提供しています!

 

♪お気軽にご相談ください♪

※もちろん浴室だけではありません。洗面台、キッチンなどご紹介いたします!

採用したい建材・設備メーカーランキング

♦♦工務店や住宅メーカーによるおすすめの

    システムキッチンランキングになります👇♦♦

H様邸 増築工事

既存の住宅に6畳ほどの洋室を増築しました。
新築と同様に、増築部分に遣り方を行います。

基礎工事へ進んで行きます。

 

今回は既存のサッシ(窓)を増築部分に再利用するので取り外して防水シートを貼ります。
(窓が頑丈にはめ込まれて中々取れませんでした!!)

 

 

建て方(柱、屋根などを組み立てていきます)

今回の屋根はFRP防水を使用します。
(よく、ベランダやバルコニーなどに使用されています!)

 

 

今回床には床暖の設置します。

フローリングの下に設置します↓
※床暖にビスを打たないように慎重にフローリングを打っていきます

 

♪床暖の紹介です♪

 

室内の壁や天井に隙間なく断熱材を設置していきます。
(その後、下地→クロスの作業を行っていきます。)

外部には防水シート→胴縁→サイディング(外壁)の工程で進めていきます!

こんな狭い所も職人さん達は頑張って作業しています!!

室内のクロス、建具枠、収納棚の設置が終わりました。
後は、床暖のスイッチや照明、収納の扉が設置されたら完成です。

 

外部はサイディングが貼られ、腰板も貼り既存と同じ様になりました。

↑↑デッキも新たに設置しました♪

増築工事完了です!

 

 

 

 

M様邸住宅新築工事(稲吉

二階建て新築の依頼を受けました。
今回は大工さんが一本一本丁寧に材料を削っていく作業からスタートです。
(今はプレカットによる作業工程が主です。※工場による木材加工)

一本が重いので機械、リフトなど運びながら、墨を付け手彫り機械で彫っていきます。すごく細かく大変な作業です。

 

『地鎮祭』
この日はあいにくの雨でしたがだんだんと天気が良くなって晴れ無事に終わりました。

『仮設工事・土工事・基礎工事』
敷地の地ならし、整地、地縄張り、地盤改良による杭工事を進めていきます。

『基礎工事』
基礎の型枠を建て配筋を並べます。

JIOの配筋検査でちゃんと間隔や定着がとれているかの検査が行われます。
合格が出たらコンクリートを流し込む作業にはいります。

 

 

 

 

立上りの型枠を外し、ボコボコになっている天端をコンクリートで均等にする作業を行い基礎が完成します。

 

基礎→基礎パッキン→土台→大引きの順で組立て行きます。

鋼製束で補強を行い、床断熱材→根太レス(構造用合板)の順で作業します。

いよいよ、建て方の日
大勢の大工さん達で安全に建てて行きます!
クレーン車で材料をどんどんあげて組立て行きます。
上棟が終れば家の骨組みが出来ます!

 

ご近所の方や子供たちがたくさん集まり賑やかな餅拾いが行われました!
袋いっぱいに入った餅やお菓子を持って笑顔で帰られていきました♪

 

建て方が完了した後、各部のひずみ直し、接合部の金具を取付け締め直し、
筋交いを取付け、骨組みを固定します。

 

<屋根工事>
≪野地板→ルーフィング→瓦≫の順
※ルーフィングとは防水シートです。
雨から家を守ってくれる優れものです!

<棟瓦工事>

 

 

重い瓦はいっぺんに機械で屋根の上に運んでいきます!!
(見ているこっちは落ちないか心配ですが、、、)

屋根が完成です!

 

下の写真は柱と柱の間に間柱を入れ窓枠、サッシを取付けた様子です。
(ガラスは後から取付けられます)

こちらは↓

『シロアリ駆除工事』の様子です。
土台から1mくらいまでオレンジ色に塗られている部分が防蟻の薬が塗られた部分です。
~木造住宅の場合~
◎ベタ基礎のコンクリート打設前に土壌に防蟻剤まきます。
◎床下地の木(構造用合板)が設置され、間柱が建った後に防蟻処理を行います。
シロアリから大切な家を守る為には定期的に防蟻処理を行いましょう!
(※防蟻の保証は5年となっております)

 

~バルコニー防水工事~
雨水の流れをつくる為に根太で勾配を付けその上から構造用合板を打ちます。

その上にアスノンボードを設置します。
この後、FRP防水の塗料を塗るので隅に面木の長い棒(エンビ)を設置します。

FRP防水工事
塗布作業を行なっていきます。乾いたら防止工事の完了です。

~外壁工事~
防水性のあるシートを貼り、胴縁を設置して行きます。
家の中に雨水が侵入するのを防いでくれますね!
その後、サイディング(外壁)を貼っていく作業になります。

今回使用したサイディング(外壁)こちらです↓↓Ü

どのような感じになるのか楽しみですね!!

2階から給排水状況です↓

 

電気の配線工事です。各部屋のコンセントやスイッチの設置も行います。

今回使用する断熱材(グラスウール)がこちらです↓

※断熱材は夏は涼しく、冬は暖かくの他に、、、
多孔質であるため優れた吸音性能を持ち、壁内・床下等に充填することで、音の伝搬を抑え静かな空間作りに貢献します。

天井、壁に断熱材を敷き上からボードを貼る作業へ進みます。

 

ユニットバスも設置されました。
床・壁・天井・浴槽を組立てて設置します。

ユニットバスの上にも断熱材を敷き詰めてます。

 

クロス下地のボートを設置します。

 

下地ボードの継ぎ目とビスの部分にパテ処理をしてクロスの仕上がりをよくします!

各部屋のクロスの様子
デニム柄のクロスです!!

和室
とても落ち着いた感じになりました。

二階の洋室
各部屋にはたくさんの洋服や荷物を置ける収納が設けられています。

キッチンの様子

階段の様子
手摺が設置されました。

外観の様子
雨戸も設置完了です。

 

部屋内の掃除が完了後、お客様へ引き渡しになります♪